2010,01,07

謎解き5番勝負

今週最後の謎解き5番勝負 100107_1743~01 日経夕刊より 今日の問題は簡単ですね^^ ツイートこの記事をつぶやく
と、話すのは、坂田哲男氏言っています。 上手な人のコースマネージメントはおおむねグリーン側から逆算する。つまり、パットのしやすいい場所にのせるには、第2打をフェアウェイの好位置から打つようにする。それにはクラブや方向を考えてティーショットの落としどころを決めるという図式だ。 林の中に入れたときは、私の性格からか結構狭い隙間を狙うことが珍しくない。 どうしてもグリーン方向が無理な時は単に横に出すのではなく、100ヤードなり150ヤード地点のヤーデジ杭を探し、その方向にボールを出す。次のショットの距離を考えて脱出することで、それ以降の組み立てが楽になる。番手と番手の間の距離が残った時は、短いクラブを持つことが多い。アイアンの8番か9番かで迷ったら、私は、9番で普通に打つ。長いクラブで軽くコントロールするのは、難度が高く仮に飛びすぎてピンの奥に行くと下りの難しいパットが残る。ゴルフは手前から攻めるのが鉄則。 「大体あの辺り」と大まかに考えるすべも、アマチュアには必要だと思う。 私の場合、ピンをデッドに狙う事はめったに無い。グリーン左側にカップがあればピンの右側を狙い、グリーンからこぼれる確率を低くする。 小さなグリーンなら真ん中を狙い。目標地点を小さく絞ると体が硬くなってスムーズな動きができなくなる。 私が、競技で肝に銘じているのはダブルボギーを打たない事。 「ボギーまではお友達」と考えるが、ダブルボギーは致命的になる。 競技は、1打1打の全てが大事だが、強いて言えば最初と最後が特に大切だと思っている。ホールならティーショットとパット。4日間大会なら初日と最終日。滑り出しが上手くいくと、最後の予測もつけやすくなる。      *日経新聞夕刊より 私も、コースマネージメントは坂田氏と同じ様に行っていますね。 だけど、坂田氏のように林に入った時は前、横に出せない時は勇気を持って後ろに出すように心がけていますが、木に当って状況が更に悪化させる事を避けるために。 ツイートこの記事をつぶやく
ジェームズ・キャメロン監督の「AVATER アバター」が世界興行収入が、公開から3週目で10億ドルを突破しました。 今月3日時点での興行収入は総額10億2200万ドルで1997年の「タイタニック」に続く2作目の大台を突破。公開して2週目以降はたいがい観客動員が減るのが常ですが、3週目移行も客足が衰えていない様子で3次元映像の迫力に口コミで人気が広がっているよう。 興行収入が10億ドルを突破した映画は5本 第1位・・・・・・・・・・・・タイタニック  18億4200万ドル 第2位・・・・・・・・・・・・ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 11億2900万ドル 第3位・・・・・・・・・・・パイレーツ・オブ・カレビアン/デットマンズ・チェスト  10億6100万ドル 第4位・・・・・・・・・・・アバター  10億2200万ドル 第5位・・・・・・・・・・・ダークナイト  10億200万ドル 現在、第4位ですが、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還を抜く可能性が高いそうです。 この劇場鑑賞券を貰っているから早く観に行かないと不味いな。 明日でも行こう(´・_・`)カナー ツイートこの記事をつぶやく
2010,01,07

ホットトイズ

ホットトイズは、2000年に香港で創業された会社でフィギュアのクオリティーの高さと精密さが受けて世界のトップブランドにのぼりつつあります。 ホットトイズのHPはこちら http://www.hottoys.jp/ その技術の高さは、フィギュアの命ともいえる頭の部分の作りこみが兎に角他のフィギュアとは逸脱していてリアルに作り込みされていて小道具や衣装にもこだわりが凄い。   michaeljackson_thriller 1/6スケール 24,000円 list-mj_history 1/6スケール 19,800円 このマイケル・ジャクソンもリアルに作られています。 噂によるとロンドン公演と51歳に向けて開発されていて没後のリリースになってしまいますが、注目度とプレミアムが高くなるのは必然でしょうか? ツイートこの記事をつぶやく