エチカの鏡にアメリカ式英才教育でIQ200以上の子育て方法が紹介されていました。 それは、gifted  Child (神に才能を与えられた子供たち) としてアメリカはシカゴにIQ200以上の兄妹が住んでいる。 兄は、9歳で大学に入学、妹も10歳で大学入学。  兄は、091102_150320 18歳で医学博士を目指し、病原菌バクテリアと格闘中。  妹は、091102_150335 13歳にして大学2年生で生物学を専攻して将来は心臓外科医になろうとしている。 妹は、4歳の時に「心臓の美しさに感動」したために心臓外科医を目指しているという。  この兄妹をアインシュタイン以来の天才とアメリカでは紹介されているそうです。 両親は、父は日本人、母は、韓国人。 兄は、“母の育て方のおかげ” と言い。 妹は、“両親が整えた環境でしょうね” と答え。 母は、「0歳から3歳の時期は子供にとって非常に重要です。 この時期に沢山のことをやりました」と。 兄祥君は、シカゴ大学に勤務して今年、生物学の博士号を取り現在医学博士を目指している。本来であれば、医師のアシスタントとして経験を積むところですが歳が若いということで研究に励んでいる。 兄祥君は、10年前に全米を騒然とさせたことが有った。それは、史上最年少9歳で大学入学。 成績は、オールA。 妹小百合さんは、今年13歳でシカゴルーズベルト大学の2年生。 彼女のカバンの中身は、ノートに教科書、ノートPC。 教科書を見るととても部厚くて難しそう。 彼女は、現在生物学を専攻しいる。 幼ない天才兄妹と呼ばれ大学で学ぶ祥君と小百合さんは、実は大きな問題を乗り越えて来た。 当時の同級生が 「おい、お前何してるんだ!!! お前にいる所ではない」 と差別をしていた。 このことについて、母は、「深刻な差別だったと思います」と。 アメリカ社会では、日本人や韓国人などは差別されやすい傾向にあるようです。  大学に幼く入学した兄妹は格好の差別対象となっていた。 祥君は、誰かが悪口を言ったりすると、僕は、そこから立ち去り自分にこう言い聞かせ “世の中には意地の悪い人もいるもにだ” と思い、体外忘れちゃうそうです(笑顔で語っていました)。 妹も同じように好奇心の目に晒されながら大学に入学しました。 (続きを読む…) ツイートこの記事をつぶやく
2009,11,04

謎解き5番勝負

昨日は、夕刊がお休みだったから出題で出来ませんでした。 今日の問題は、これ!!! 091104_1741~01 日経夕刊より 今日の問題も簡単です。 ヒント無しで考えてください。 ツイートこの記事をつぶやく
日本橋三越に出かけたら本館中央に “クリスマスツリー” が既に飾られていました。 091104_113147 高さは、15メートル!!!???  デカイ!!! 下から写メすると大きすぎて入り切りません。゚(●’ω’o)゚。うるうる   4Fから見ると、 091104_113917 こんな感じデス!(●・w・●)ゝ   11月なのにもうクリスマスです(σ゚ェ゚)σY〇!! 案内版を見ると  091104_114715  イルミナーションは、役25,000球のLED(発光ダイオード)を使用していてその明かりはCO2を排出しない自然エナルギーのクリーン電力で点灯されているそうです。 日本橋 三越にお出かけの際はご覧下さい。 ツイートこの記事をつぶやく
「ブルーベリーの蒸しパン作ってみました。 召し上がって下さい!!」 と、Oさんから頂きました。                  091102_131107 “香りが、ほんのり甘~~い香りがして(・∀・)イイ!!です”  091102_131205  二口で、完食してしまいました。 甘過ぎず 「美味しかった」  (人’▽`)ありがとう☆ Oさん ツイートこの記事をつぶやく