2009,09,28

円急伸 一時88円台前半

090928_175539日経夕刊より 外国為替市場で円高・ドル安が加速して、今日の早朝に円相場は一時1ドル=88円台前半まで上昇し、1月下旬以来の高値。 アメリカの金融緩和が長引くとの見方から、ドルの先安観が強まっている。 藤井財務相が円売り介入に否定的な発言をしたことをきっかけに、海外投資家による円買いが勢いを増した。 急速な円高の影響を受け28日の東京株式市場で日経平均株価は大幅安となり、一時、約2ヶ月ぶりに1万円を割った。 藤井財務相は28日の午前、記者団に対して「人為的な為替安政策はおかしい」と述べ、円安に誘導するための円売り・ドル買い介入に否定的な考えを示した。 急激な相場変動などには断固とした対策をとるとしつつ円相場に関しては「トレンドは異常でも何でもない」と指摘した。 その後、財務省内で「やや円高に偏ってきているという印象を持っている」と述べた。 とは言うものの、トヨタ自動車は1円の為替で300億円の損益というから大変ですよ。  民主党政権も大変でしょうが、何としてもこの難局を乗り越える知恵を絞ってくれないと輸出に頼っている日本丸が沈没してしまいますよ。  ツイートこの記事をつぶやく