2009,09,28

ケルセチンで肺がん予防

玉ねぎの皮には、抗酸化作用をもつ「「ケルセチン」が玉ねぎ本体(0.5mg)と比べると皮には200mgと400倍のもケルセチンが含まれていてこれを摂ると肺機能をUPして肺がんを予防できるとのことです。 images ケルセチンは、脂肪吸収抑制効果があって体内の脂肪の排出を促す働きがあるそうです。 メタボ対策にも良いということです。 また、脳細胞伝達物質を強化する作用があってアルツハイマーの防止にも効果があるようです。 花粉症の炎症を抑える効果もあるそうですよ。 玉ねぎの皮を採取するには、皮を煮て細かく刻んで豆腐にかけて食べも良いし、豆腐に玉ねぎ本体をので皮を更に乗せて摂るの良いようです。 オリーブオイルをかけてもようようです。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は炎症を抑える作用があるそうです。 ツイートこの記事をつぶやく