アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップのパナソニックオープンは、アジアNO1を決めるトーナメントで、丸山大輔が8アンダーで優勝でした。 丸山大輔は、最終日3オーバーとスコアを崩しましたが、2位以下の選手がスコアを伸ばせず結果的に4年ぶり2度目の優勝。賞金3000万円を獲得しました。 090927_165140 この大会のホストプロの石川遼は、2オーバーと16位でフィニシュでした。昨年は、予選落ちでしたからホストプロとしては頑張ったのではないでしょうか? 城陽カントリー倶楽部 は、トータル距離は7064ヤードと今のプロの飛距離からすると200ヤード以上トータルで短いコースでしたが、TV観戦していましたが、グルーンが早かった気がします。 プロも勝負は、グリーン上ということが分かりますね。 だから、プロは、パットに拘るんです。 ツイートこの記事をつぶやく
先週辺りから、秋の花粉症が酷くなってきていてビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!GOLFをするには最高の季節なのですが今日はお休みです。 家にゴロゴロしていても仕方がないから地元の「やまとの湯」に出かけて見ました。 090927_131013 中とどんな感じかというと、 090927_155931 こんな感じで結構、広いんです。 090927_154916 「やまとの湯」の温泉の効能効果は、神経痛、筋肉痛、間接痛、五十肩、関節のこわばりの打ち身、くじき、慢性消化器病、痔、冷え症、病後回復、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病と沢山の効能効果があります。 これだけの効能効果が、有って会員になると650円(前は、550円だったんだけどね、原油価格が上がってから値上がりしたんです)で利用できて嬉しい限りです。車での利用は、4時間は駐車場が無料です。 ツイートこの記事をつぶやく
これも、「寿命をのばすワザ百科」で紹介されていた脳梗塞を予防する方法を紹介します。 それは、とても簡単な方法で鰹節(削った物ですよ)にお酢をかけて食べるというものです。 鰹節には、「ヒスチジン」を沢山含んでいて炎症を抑える効果があって、お酢は、血液の循環が良くなり脳にヒスチジンが運ばれて炎症を抑えることが出来るそうです。 また、血圧やコレステロールが下がるようです。   ちょっと、「ヒスチジン」を調べてみると、アミノ酸に1種でプロピオン酸のことだそうです。名前は、ギリシャ語で“組織”という意味だそうです。 炎症を抑える以外にストレスの軽減、集中力、記憶力の向上、肥満の予防のも効果があるそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
昨日のTV番組 「寿命をのばすワザ百科スペシャル」で、胃がんの予防には“プポシアニジン”が抗酸化力がとても強く胃がんを予防するにはとても良いものだと紹介されていました。 がん細胞は、1日の5,000個も出来ているが、身体には免疫作用が有ってがん細胞をやっつけてくれるのですが、残ったがん細胞は活性酸素と組むとがんは大きくなっていきます。 それでは、どうしたら良いかと言うと、“プロシアニジン”を含まれている食品を摂れば良いのですが、その“プロシアニジン”を沢山含んでいる食品が「りんご」なんです。  images だた、食べればいいのではなく摩り下ろして電子レンジで3分間“チン”してソーダで割って飲むのが良いそうです。 摩り下ろしたりんごを電子レンジで“チン”すること抗酸化力が9倍になるそうです。 9倍になるのなら“チン”すべきですね。 がんを抑制出来るのであれば、是非、りんごを摂るべきです。 ツイートこの記事をつぶやく