090912_232304 sumaムービーのイナガキベスト5で5本の映画で第5位で最下位。 先日試写会で見た「サブウェイ123」が、辛口評価でした。 やっぱりかっぁ(´Д`)   余り、手を握るような緊張感が迫ってくる感じじゃないんだね。 ツイートこの記事をつぶやく
私の好きな番組のひとつ「世界で一番受けたい授業」に自治医学大学早田邦康先生が出演して「ポリアミン」の効用が紹介されていました。 2000年くらいから、老化や病気の原因が「炎症」が関わっていること事が分てきたそうです。 慢性炎症が、血管に起きると動脈硬化を引き起こし、腎臓に炎症を引き起こすと糖尿病になり、ピロリ菌が原因で胃に炎症を起こすと胃がんになり、お腹に炎症を起こせばメタボになり、脳に炎症を起こせばアルツハイマー病になるということが分かってきているそうです。 この炎症を起こす原因は動物性たんぱく質や採取したりたばこを吸引するからだといわれているそうです。 炎症には、急性炎症と慢性炎症があって慢性炎症が悪さを起こしますから、慢性炎症を抑えることがこれからは重要のようです。 この慢性炎症を抑えるにはどうしたら良いか。 それは「ポリアミン」 300年以上前に発見され炎症を抑えることが分かっていたそうです。 マウスにポリアミンを混ぜた餌を与えたマウスは若々しく長生きし、細胞も若々しいことが分かって来ているそうです。 (画面にマウスの映像が映し出されると“う~ん”と納得の映像) それでは、ポリアミンを増やすにはどうしたら良いかというと、 ① 自分の中の細胞に作らす。 (但し、作る能力は20歳でピーク。 それじゃ、40代50代の方は、ポリアミンを含んだ食品を採取) ② ポリアミンを含む食品を採取。 ③ 善玉菌に作ってもらう。 付録 マグロとかに含まれるDHAをとると良いそうです。 番組は、ポリアミンが含んでいる食品の料理が紹介され、「納豆油揚げ包み」 発酵食品がポリアミンを含んでいるそうです。 ポリアミンは、熱を加えても大丈夫で細胞に付いているからだと先生は言っていました。  「サザエのつぼ焼き」も良く肝にたっぷりとポリアミンを含んでいるそうです。  それと、「しいたけ」にも沢山含まれているそうです。 「ヨーグルトの小豆がけ」 小豆にポリアミンが含まれてるそうです。ヨーグルトは、腸の中のポリアミンが増えるそうです。 ヨーグルトは、どのくらい食べ続ければ良いか?は、それは、期間ではなくずーっと食べ続けることが大切のようです。  これからは、飲みニケーションは、マグロ、納豆があったら必ず、サザエが有ればつぼ焼き、しいたけが有れば、焼いて食べることにして、毎朝、会社の前のファミマでヨーグルトを求め、外出したら甘味処でぜんざいを食べると完璧。 いずれにしても、慢性炎症を抑えれば健康でいられるということですから、ポリアミンを含む食品を沢山採って慢性炎症を起こしにくい身体を作るのが大切という事です。 ツイートこの記事をつぶやく
昨夜は、市ヶ谷にある「弥三郎」にお邪魔しました。  090911_183618突き出しは、ぶり大根。 しみしみ大根が美味しい。 これからは、大根が美味しくなる時期になります。 090911_183711「だだ茶豆」 普通の枝豆と違って豆の味がギュッと詰まった感じで美味しいです。 090911_184308 090911_184358090911_185155 「秋刀魚の刺し」この時期脂が乗って美味しいですね。そして、今年初物の「銀杏」 初物は、西に向かって“ハッ ハッ ハッ” と笑うと10年長生きすると友人のイノッチが言うから西に向かって “ハッ ハッ ハッ” って平林都の陽に即実行 即実践。 これで、10年長生き間違いまし。 それに、「鱧のから揚げ」酢橘を搾って紅葉おろしを入れたポン酢で頂きます。 さっぱりと頂けてお酒の中盤にはぴったりです、 090911_185545090911_191324 前回も紹介しましたが、「アピオス」 ジャガイモの30倍のカルシウムを含んだり、身体に良い食品です。 蒸すか巣揚げにして食べるのが一般的で今回もカラッと巣揚げして能登の竹灰の塩で頂きます。 見た目はイマイチですが、ホックッとした食感でピーナッツとさつまいもを足して2で割ったような感じでしょうか。 彼女が、私の友人 090911_191658の、イノッチ。 お腹は、結構イッパイイッパイだったのですが、「内は、うどんが美味しいんだから食べなくっちゃ」 「そうだね~~~カレーうどんにするわ」 「カレーうどんね」 090911_204447 七味唐辛子多目で美味しく頂きました。 いや~~~お腹イッパイの夜で食べすぎですね。  イノッチ 「ご馳走様でした」 また、行くね。 ツイートこの記事をつぶやく