2009,08,14

不適切昇給

090814_111011.jpg

地方公務員の役職を複数の「級」にまたがるように給料表で格付けするなどして、職務より上位の給与を支払う「わたり」が、141市町村で行われていることが、読売新聞の調べでわかった。不適切な人件費は約9200人分、年間33億円に上ると見られる。総務省も「給与は、職務と責任に応じる」と定めた地方公務員法に違反するとして、初の実態把握に乗り出した。 「わたり」とは、公務員の給料支給に際して、実際の職務に対応する給料表の級より、支給額が高い上位の級の給料を支払うこと。同じ役職の職員が、複数の級にわたって存在する様子に由来する。 これに対して、国の官僚が、天下りを繰り返す「渡り」は、「渡り鳥」の略称。 財務赤字が続く中酷い話です。公務員は、自ら利益を上げる事をしないから甘えが出るんだろう!

ツイートこの記事をつぶやく