昨日、世界で一番受けたい授業に、恵泉女学院大学 藤田智氏が出演し、「食べ合せ術」 で栄養をよりよく吸収させる術を紹介していました。 その「食べ合せ術」は、 「なす」 は 「きくらげ」 と一緒にを食べると動脈硬化予防に効果的だそうです。 また、「トマト」と食べるとトマトに含まれている 「ルチン」 が、悪玉コレステロールを減少させる作用がり、茄子に含まれている 「ナスニン」 が、抗酸化作用が有って栄養の吸収がとても良いそうです。 「なす」は、170種類に上り、インドが原産で焼く1000年前に日本に入ってきました。  何故、お正月の初夢で、「一富士 二鷹 三なすび」 の夢を見ると演技が良いといいますが、何故三番目に “なすび”?と疑問に思って方もいるかと思いますが、正月に「なす」を食べられるのは、将軍ぐらいで食べられることはとても、ステータスだったのです。   「ごうや」 って今は、ポピュラーに食べられていますが、その効果は、たんぱく質には、血糖降下作用、ビタミンCには、疲労回復、夏バテ防止、ごうやの苦味の成分 「モモルデシン」 は、血糖降下作用があります。 ストレス解消や、美容にも良いとの事です。  ごうやは、若い時は、苦いのですが成長するにしたがって苦味が無くなり、売れてくると種の周りが、甘くなるそうです。  それは、若い時に苦味が無いと食べられてしまい繁殖することが出来なくなるからそうです。  だから、若い時には苦いのですが、熟すると甘くなる食べられ排出された種が目を出して繁殖することが可能になるそうです。  自分から、移動することが出来ませんから植物でも考えているんですd(-∀-。)ネッ  自然ってΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ! (続きを読む…) ツイートこの記事をつぶやく